So-net無料ブログ作成
検索選択
番組審議会 ブログトップ

第75回番組審議会について [番組審議会]

開催年月日 : 平成21年6月30日 火曜日 午後6時30分より

開催場所   : 平ビューホテル(平大町2-1 TEL 24-1111)

審議番組   : 「華と夢」
平成21年5月9日(土)、6月13日(土)、19:30~20:00(30分番組)
パーソナリティ:DJナシモン、ニイツマ タツミチ

番組概要 :
主に10代から30代のリスナーをターゲットにした音楽番組で、 いわゆる商業音楽ではなく、いわきで活動するアマチュアバンドなどの曲やライブ情報を紹介することで、いわきの音楽シーンの活性化を目指しています。

審議内容 :
・「番組コンセプトはいいが、2人のパーソナリティの掛け合いが聞き取りにくく、情報が伝わらない」
・「自己紹介や 地元ミュージシャンのプロフィールの紹介はきちんとすべき。」
・「2人だと騒がしいので、パーソナリティを一人に担当させてみてはどうか。」
・「会話が続かないのは情報量が少ないからではないか。」
・「紹介するアーティストについて もっと情報を収集すべき。」
・「当日放送した曲についての情報提供を検討するなど、制作にもっと工夫があってもよいのではないか」

第74回番組審議会について [番組審議会]

開催日時 : 平成21年5月29日 金曜日 午後6時30分より開催

開催場所 : 平ビューホテル

審議番組 : 
「GOODY LUNCH(グッディ・ランチ)」
平成21年4月20日(月)、22日(水)、24日(金) 10:30~12:55
パーソナリティ:あいな、ベティ、田子 幸恵

番組概要 : 
月曜日から金曜日 午前10時30分から午後1時までの2時間半のプログラム。パーソナリティは、月・火曜日担当があいな、水・木曜日担当がベティ、金曜日担当が田子幸恵の3人体制。 内容としては、ワイド番組同様、お天気、ニュース、交通情報、ランチ情報、町のトピックスなどに加え、4月からは新コーナー、「頭の体操、体の体操」や子育てコーナーも導入。

審議内容 : 
・「お昼に相応しく、明るく、全体的にテンポが良いところは評価出来る。」
・「ニュース、トラフィックに関してもゆっくり、しっかりと話していて良かったが、 パーソナリティによっては、原稿の読み間違いがあったので、放送前の読み合わせを必ずやってほしい。」
・「ニュースに関しては、どのパーソナリティにも言えることだが、ただ単にトーンを低くすれば良いという感じでだらしなく聞こえるので、ニュースに相応しい変化をつけて読む必要がある。」
・「フリートークでは、本で得た知識や、他人から聞いた話よりも、実際に自分が体験した話を中心にした方が、聞いている方にとっては興味があると思う。」
・「リスナーからのエピソードを感情を込めて読んでしまう為に、リスナーのエピソードと、 パーナリティの感想の区別がつかなくなってしまうので、抑揚ばかり付け過ぎずに、メリハリをつけて読む必要がある。読み方を勉強した方が良い。」
・「頭の体操は楽しく、体の体操はとても大事なことなので良いコーナーだと思う。」
・「全体的に流暢な話し方で好印象を受けた。」

第73回番組審議会について [番組審議会]

開催日時 : 平成21年2月13日 金曜日 午後6時30分より開催

開催場所 : いわきワシントンホテル椿山荘

審議番組 : 「チャレンジ2009」
        1月1日(木)18:00~19:00 放送
        パーソナリティー:坂本 美知子

番組概要 : 
年始特別番組として、2009年の目標や将来の夢などを街頭インタビューでつづります。また、実際に夢をかなえた人たちをゲストに迎え、夢を実現するまでのプロセスや、その原動力についてインタビューするものです。

審議内容 : 
「対象的な2人のインタビューだったと思う。成功へのアプローチが違い、対象的な話の内容だったのでよかった。」
「成功者だけではなく一般の頑張っている人も紹介ほしかった。」
「街頭インタビューに対してコメントがなかったのがさびしかった。」
「パーソナリティがうまく話しを引き出していたので非常によかった。しかし1人20分くらいの話は少し長く感じた。」
「番審に欠席される委員の方の意見も事前に聞いてほしい。」
「イメージが膨らむような番組だったのでよかった。街頭インタビューは、ジャンルや年代がわかればもっとイメージが膨らんだと思う。」 ・・・・・など

いわき市民コミュニティ放送 番組審議会からのお知らせ [番組審議会]

内   容 : 「第72回 番組審議会」について
開催日時 : 平成20年 12月11日(水) 午後6時より開催
場   所 : エクセランガーデン・ベル マシェリ

審議番組 : ① 『やさしい日本語と外国語の防災講座』
          (月~金 5:55~、21:55~)(土・日 8:25~、22:00~)
         ② 『ホリデースペシャル~行ってみたいなあんな旅、こんな旅』
          (11月24日 10:30~13:30)
          ナビゲーター:立原めぐみ レポーター:坂本美知子

番組概要 : ① 東北コミュニティ放送協議会へ加盟している各局が
           防災の連携、防災意識の向上を目的に制作した番組で、お年寄りや
           外国人などのいわゆる災害弱者にもわかりやすく聞いていただけるよう
           ゆったりとした日本語と3ヶ国語で放送しているものです。
         ② 祝日ごとにタイムリーなテーマでお届けした「ホリデースペシャル」。
           今回は「年末年始の休暇に出かけたい場所」をコンセプトに制作しました。
           市内の各旅行代理店に協力を依頼し、それぞれの得意とする旅についてや
           旅行グッズ等、情報を発信していただきました。
        
審議内容 : ①について
          「英語中国語韓国語以外にも 他の言語のバリエーションが欲しい」
          「くり返し放送することで 記憶に残してもらうのは良いと感じた」
          「言語ごとのテンポの違いに気になった。特に日本語は長くゆっくりに感じる」
          「放送は早朝や夜間だが、昼間に放送するのもよいのではないか」  …など。
         ②について
          「ナビゲーター、レポーターともに 話が聞きやすかった」
          「ニュースとフリートークなどの声のトーンが変えられるとよかったのではないか」
          「コミュニティ放送として、いわき以外の旅行を勧めるのはどうかと感じた」
          「旅の楽しみ方やリラックスの方法などは良かったと感じた」
          「もう少し旅の魅力や情景がわかればよかった」  …など。

いわき市民コミュニティ放送 番組審議会からのお知らせ [番組審議会]

内   容 : 「第71回 番組審議会」について
開催日時 : 平成20年 9月24日(水) 午後6時30分より開催
場   所 : いわきワシントンホテル椿山荘

審議番組 : 『ばっちこいスポーツ“マリーゼGO!WIN!スペシャル”』
        (毎週水曜日 午後7時から放送中)
         ナビゲーター:立原めぐみ ・ ナレーター:番内将充
        ※今回は泉町マンママリィ・キャトルセゾンにて公開録音したものを放送
        
番組概要 : 毎週水曜日に放送している「ばっちこいスポーツ」内のマリーゼを応援するコーナー
         『マリーゼGO!WIN!』を公開録音の特番で放送したものです。
         スポンサーであるマンママリィ・キャトルセゾンの意向で、
         監督・選手・スタッフ全員へ食事をふるまいながらの収録となりました。
         また、マリーゼ選手とファンの集いの場として活用したい思いもあり、
         一般リスナーから10名を募集して公開録音に参加していただきました。
         公開録音とはいえ、生放送のような臨場感を大切にしながら
         マリーゼの魅力を紹介することを目的に制作しました。    

審議内容 : 「選手の名前を間違えるのは、演出だとしても 良くないのではないか」
         「選手の紹介は、人数が多かったので 半分に分けて紹介してほしかった」
         「サッカーを知らない人にとっては、聞いていてもわからないことが多かった。
           ポジションやルールなど、基本事項の説明があればよかった」
         「バラエティ色が強いと感じた。企画・構成に工夫が必要ではないか」
         「インタビュー相手を探す空白や、答えを考える間などの間延びが気になった。
                              録音であればカットした方が良いと感じた」
         「パーソナリティーのまとめがネガティブに聞こえる場合がある。
                             良いほうにフォローできるような勉強が必要」
         「地域のスポーツ番組なのに、マリーゼを選ぶのはテーマに沿わないように感じる」
         「公開録音であるということのアピールが 少なかったように思う」
         「選手へのインタビューなどは、選手の個性や 雰囲気が出ていて良かった」
                                                       …など

いわき市民コミュニティ放送 番組審議会からのお知らせ [番組審議会]

内 容  : 「第70回番組審議会」について
開催日時 : 平成20年7月16日 火曜日 午後6時30分から
場 所  : いわきワシントンホテル椿山荘
 
審議番組
「アニラジ」
毎月第3土曜日 午後7時30分から
ナビゲーター:遠藤だいすけ、林りえ
  

「アニラジ」
この番組は、様々な世代に耳なじみのあるアニメソングをかける音楽番組です。
2部構成の前半は、懐かしいアニメ主題歌などをかけながら、そのアニメについて簡単に紹介し、後半は、毎月変わる特集コーナーを設けています。
  

※番組の感想
「取り上げたアニメが放送された時代の いわきのトピックスなどを紹介すれば、幅広い世代の人に聞いてもらえるのではないか」
「パーソナリティの話し方には、経験不足から来ると思われる 気になるところが数箇所あった」
「アニメのストーリーについて もう少し掘り下げると良かった」
「懐かしい曲も出てくるので年齢の高い世代へのアプローチになる可能性もある」
「時間帯に変えてもっと様々な人に聞いてもらえるようにするのもいいのではないか」
「取り上げたアニメ作品へのパーソナリティの反応に温度差を感じたが、2人の世代差が感じ方の差となり、いい方向に作用しているのではないか」
「知っている曲は少なかったが、選曲のバランスが良く何度聴いても飽きなかった」
「生放送と同じような収録方法をとっているということで、緊張感が生まれ、掛け合いも無駄な時間がなくてよかったと感じた。」
「30分があっというまに感じた。1時間でも充分成り立つ番組だと思う」
番組審議会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。